介護保険のバリアフリー住宅改修工事、介護・福祉リフォーム、新築・増改築は岐阜県大垣市の建築事務所『住工房OZAKI』へ

介護保険住宅改修

介護保険住宅改修

ご存知でしたか?
介護保険が工事費用の9割を支給する『高齢者住宅改修費用助成制度』

高齢者住宅改修費用助成制度

住み慣れた家であったとしても、高齢になり身体機能が低下すると、転倒で骨折してしまったり、ひざが痛くて階段が登れないなど、少しの動作でも体の負担がより多くなってきます。このような事故を未然に防ぐためにも、そして介護を受ける側、介護する側にとっても介護リフォームはとても重要になります。そこでみなさんに知って頂きたいのが介護保険により助成金が支給される『高齢者住宅改修費用助成制度』です。

どのような方が受給対象者に?

受給に関して以下の条件を満たす方が対象になります。

介護保険が利用できる住宅改修とは?

手摺りの取付

手摺りの取付

段差の解消のためのスロープ設置

段差の解消のためのスロープ設置

滑りの防止のための床材変更

滑りの防止のための床材変更

引き戸等への扉の取り替え

引き戸等への扉の取り替え

洋式便器等への便器取り替え

洋式便器等への便器取り替え

その他これらの工事に付帯して必要となる工事

その他これらの工事に付帯して必要となる工事

いくら助成されるの?

支給される助成金は、

対象工事費用最大20万円のうちの9割の金額(20万円であれば18万円)

例えば、対象工事費用が10万円の場合、9割の9万円の助成金が対象となり、残り1割の1万円は自己負担になります。基本的には上記の通り1割負担ですが、収入のある人は2割負担になる場合もございます。2割対象者は住宅改修だけでなく、施設利用やレンタルにおいても2割負担になります。この負担割合は介護保険証にてご確認して頂けます。また、この助成金は一時的に利用者が全額負担し、その後、9割か8割還付されます形となります。

助成制度申請方法

以下の6つの流れになります。

① ケアマネージャーに相談

まずは住宅改修についてケアマネージャー等に相談が必要になります。

② 書類の準備

下記の6つの必要書類を提出し、保険給付が適当な改修か確認。

③ 保険者(市役所等)に書類提出

➃ 工事開始

保険者のご自宅に「事前決定通知書(役所からの許可通知)」が届きます。工事業者には役所から連絡はありませんので必ず、ケアマネージャーか、当方へご連絡ください。確認がとれ次第、日程を調整し工事を開始します。

➄ 給付申請

以下の必要書類を揃え「正式な支給申請」を行う。事前に提出された書類との確認、工事が行われたかどうかの確認を行い、この住宅改修工事が必要と認めた場合、住宅改修費が支給されます。

➄ 助成金の給付

完了書類提出後、保険者から、申請者様が指定した口座に助成金が振り込まれます。振込時期は保険者によって異なります。

この制度には提出種類も多くわかりにくいところも多々あるかと思います。弊社には多数の実績があり、また福祉住環境コーディネーターも在籍おりますので何でもお気軽にご相談ください。
お問い合わせはコチラ

Page top
モバイル表示